上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は72回目の長崎原爆の日。

今年は核兵器禁止条約が国連で採択され、
被爆者の長年の運動が実った画期的な夏となりました。

田上長崎市長は平和宣言の中で
「ノーモア・ヒバクシャ」という被爆者の願いが多くの国々を動かしたとし、
「『ヒロシマ・ナガサキ条約』と呼びたい」
「この条約をいかに活かし、歩みを進めることができるかが、
人類に問われている」と発言。

本来なら唯一の戦争被爆国である日本が
世界をリードして核兵器廃絶に取り組むべきなのに
安倍首相は、9日の長崎市での記者会見で
「我が国のアプローチとは異なる」
「条約を批准しない」と明言しました。

被爆者の方々はじめ、
世界的にも批判の目が日本政府に向けられています。

日本政府の態度に悲しみと怒りを覚えます。
こんな政府は選挙で変えていかなくては。

日本共産党は日本の政党として唯一、
核兵器禁止条約の国連会議に
国連非政府の一員として出席しました。

その時の国連の、世界各国の様子は
日本共産党創立95周年記念講演会」で
生き生きと語られています。

私は5年前に広島の原水爆禁止世界大会に参加し、
被爆者の証言、原発被災者の発言を聞き、
世界的な核廃絶の大きなうねりを肌で感じました。

「私も何かしなくては」と熱い思いで帰ってきたことを、
昨日のことのように思い出します。
(2012.8.16のブログ参照) 

草の根活動をコツコツ続けようと
改めて決意しました。

現在、日本と世界で多くの団体が
すべての国に条約締結を求める「ヒバクシャ署名」に取り組んでいます。

私も8/6にはレッドアクションとして新婦人のみなさんと
ドン・キホーテ前でヒバクシャ署名の宣伝をしました。

また、地域を訪問して署名をお願いすると
ほとんどの方が快く署名してくださいました。

ご連絡いただければ署名用紙を携えて伺います。
1筆でも構いません。

署名は国連に提出されます。
「核兵器なくそう」の思いを署名に託してください。

日本政府が核兵器廃絶の世界の先頭に立つよう
核兵器禁止条約の批准を求めて
運動を広げていきましょう。

ぜひご協力をお願いします。
 
スポンサーサイト
2/19、浦和スタンディングと埼玉県議会に行ってきました。

スタンディング    スタンディング20150219

まずは10:00~10:30まで30分のミニスタンディング。

Tさんにカードをお借りしました。

おしゃべりしながらの30分はあっという間。

でも、Tさんのお人柄、お話があってこその
楽しいスタンディングであることを今回改めて感じました。

お一人でスタンディングすることも多いとのこと。
すごいです。

10:30からは新婦人のママパレード&県議会請願に参加。

mamaパレード

ベビーカーを押したり、小さなお子さん連れのママたちと
「保育所つくって」
「待機児なくして」
「子ども医療費拡充を」などとコールしながら、県議会までパレード。

途中、トラックの運転手さんがわざわざ窓を開けて
大きな拍手をくれました。

埼玉会館の前にいた年配のご夫婦が手を振ってくれました。

うれしい!

県議会では3つの請願の紹介議員になっていただけないか、
各会派を回りました。

幼稚園   幼稚園

保育所   保育所

子ども医療費  子ども医療費

請願文はあらかじめ1週間ほど前に各会派に届けてあり、
今回は私たちの思いをお話して、回答をお聞きするはずだったのですが、
いやもう、各会派の対応の違いに驚きました。

以下、回った会派順に対応をお知らせしますね。

☆民主党
対応者:3人(肩書きとお名前、メモし忘れてしまいました)
会派室の中に入れていただきました。

・今日の5時に紹介議員になるか決めるのだが、もっと早く提出して欲しい
・お気持ちはわかっている
・財政の問題との兼ね合い
・事前に連絡があれば1時間くらい時間をとってお話はできる
・今日の今日では難しい(←え、1週間前に請願文お届けしてますけど??私の心の声)

☆公明党
対応者:受付窓口

・紹介議員にはなれません
・会議が始まりますので

☆自民党
対応者:県議会事務局総務課(つまり、県の職員)
別室に通されました。

・自民党としては「県議会に来て直接ではなく、地元の議員に出してほしい」だそう
・こちらに来られたら議会事務局が預かるように言われているので、
 預かって翌日幹事長にお渡ししている
・請願文は幹事長にお渡ししてますが、返事は聞いていない

「今回はいろんな自治体のママがお願いに来ているが、
その自治体ごとに自民党県議に話をしなければならないのか?
地元に自民党の県議がいない場合はどうすればいいの?」と私が質問すると

「自治体ごとにお話していただく形で。
県議がいない場合は…」と言葉に詰まってました。

どちらにしても、自民党の人ではないので
県の職員さん相手に何度訊いても返事がもらえるわけではなく、
「紹介議員にはならないということね」と帰ってきました。

「県の職員なのに自民党の職員みたいな仕事をするのはおかしい」という意見も出ました。
ほんとにそうですね。

☆刷新の会
ドアの外に「会議中」の札がかかりっぱなしで、お話できず。

☆日本共産党
対応者:県議2人
会議室で待っていたら来てくれました。

・「お疲れさまです」と即、請願書に署名・捺印
・県が子ども医療費無料化を拡充できれば、
 市で上乗せして18歳までの無料化がしやすくなる
・重症児の親御さんが「一家心中しようと思った」と話していて、医療費は切実な問題
・当たり前の要求がなぜ聞いてもらえないのか
・「お金がない」と言うが「予算の使い方」の問題
・子どもは未来
・県が保育園枠を広げなければ市は増やせない
・県政と市政は密接につながっている

☆社民党
対応者:県議
「お子さん連れのママさんを移動させるのは申し訳ない」と
会議室に来てくれました

・「もっともな話ですから紹介議員になります」と即、署名捺印
・男手ひとつで4人の子を育てた
・反戦平和。今、危なっかしい情勢になっている
・子育てしやすい社会をぜひつくってほしいなと思っている
・子育てしながら運動しているお母さん方、すごい
・一緒にがんばっていきましょう




今日訪問する事は伝えてあったそうですが、
訪問時間までは約束していなかったそうなので、
会議中であった会派も、ある意味しょうがないのですが…

ね、いろいろな対応でしょう?

県議会、実際に行くと肌で各会派の違いが知れておもしろいです。
機会があればぜひ!

私たちの要求に親身になってくれる議員を送り出していかないと
暮らしやすい社会にはなかなかなりませんね。

県議会請願書201502   紹介議員になっていただいた方のサイン入り請願書
2015.02.03 追悼
追悼

湯川遥菜さん
後藤健二さん

世界各地で紛争、空爆、暴力、貧困、飢餓などにより
命を落としているすべての方々に

合掌




痛ましいニュースに心が沈みました。

安倍首相が口にする強い言葉が怖い。
「テロに屈しない」
「テロリストを絶対に許さない」
「罪を償わせる」

言葉の意味がわからなくなります。

辞書によると、テロリズムとは
「政治的目的のために暴力で主義・主張をおし通すやり方」
じゃあ、アメリカをはじめとする有志連合による空爆は?
罪を償わせるってどういうこと?

2/2の菅官房長官の話では
身代金を用意しなかったこと、
「イスラム国」と交渉する気は全くなかったこと、を明らかにしています。

どのようにして解決を図るつもりだったのか。
それを公言して憚らないことにも不安が募ります。

日本人が拘束されていると知りながら中東歴訪し、
ISISに身代金要求する口実を与え、
二人が虐殺される最悪の結果を迎え、
さらに、今までは中東で平和憲法で信頼を得ていた日本を
対決国として攻撃される可能性を格段に高めてしまった安倍首相。

これから国内で自衛隊の邦人救出議論が進められていく、のが怖い。

命を盾にするISISの手法は言語道断、というのは大前提として

安倍首相のように勇ましく声高に
「テロを許さない」「屈しない」と叫んで挑発するのではなく

テロを生んでしまう歴史、土壌をもっと学び
武力ではない解決を図っていくのが
日本が本当に果たすべき役割なのではないでしょうか。

911後のアメリカを思い出してしまいました。

ずっと危惧していたことではあるけれど
こんなにも早く
新たな時代に入ってしまった、と思わずにはいられません。

でもそれを「仕方ない」とはできません。
戦争する方向へ急速に流れるなか、
ちゃんと自分をもって行動していきたいと思います。

埼玉県の最低賃金は厚生労働省埼玉労働局HPに載っています。

発効日が平成26年10月1日なので、この日から
埼玉県内で働く全ての労働者(特定(産業別)最低賃金が適用される人を除く。)に
時間額802円が適用されます。

詳しくは上記HPをご確認ください。

時間額(時給って言わないんですね。)が
H.23年度は759円→H.24年度は771円→H.25年度は785円とじわじわ上がって
そして今年H.26年度は802円となったようです。

地域別最低賃金は厚生労働省HPに載っています。

必ずチェック最低賃金 使用者も労働者も。では、地図上で簡単に最低賃金がチェックできます。

最低賃金とは使用者が労働者に最低限支払わなければならない額。

厚生労働省HPにはQ&Aもありました。
ピンク部分抜粋です。

Q.使用者が最低賃金を支払っていない場合にはどうなるの?

A.使用者は労働者に対してその差額を支払わなくてはなりません。
地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、
罰則(50万円以下の罰金)が定められています。
なお、特定(産業別)最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、
労働基準法に罰則(30万円以下の罰金)が定められています。


こんなに高い罰金が課せられているんですね。

最低賃金が支払われていない場合は
まず使用者に話してみてくださいね。
解決しない場合は労働基準監督署、労働組合などにご相談を。

会社に組合がない場合でも、個人加盟できる組合があります。

「最低賃金を全国一律1000円に引き上げて暮らせる賃金を確保しよう」と
署名を進めている組合もあります。

今まで800円で働いていた方、契約時802円未満だった方も
10/1から時給アップになりますよ。

ご自分の時給、確認してみてくださいね。

12/6、秘密保護法反対の行動に出かけた日の話を別の面から。

この日は嬉しいことが2つ。

1つは板橋の友だちTちゃんと、
秘密保護法や板橋区の学童保育がなくなることなど、
あれこれ話しながらランチができたこと。

Tちゃん、ありがとう!すごく楽しかった~。
またぜひ会おうね。




それから、もうひとつは帰りの電車で新しい出会いがあったこと。

出会いについてはちょっと長いのですが、説明させてくださいね。

Tちゃんとランチをするため、議院会館の敷地内で待ち合わせをすることに。

集会の人波から外れて議員会館の敷地内に入ると
すかさず警官から「プラカードはしまってください。」と注意を受け、
プラカードはリュックにしまいました。

ちなみに写真撮影もダメだそう。雰囲気がピリピリしていました。

首から下げていたプラカードはコチラ↓(表と裏)
ちなみにピンクの紐は、守る会のアクリルたわし講習会で習ったかぎ針で鎖編みしました。
思いを込めて。
ぜったい反対   廃案へ

で、プラカードはしまったままTちゃんとランチをし、
14:00に別れて有楽町線に乗りました。

幸い座れたので、夫から借りた
想田和弘著『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』を読み始めました。
(読みやすくて、内容も頷けるかんがえさせられる本です。お勧め。)

でも、せっかく作ったプラカード。。

思いも託されたのにしまっておくのは残念と思って、
なにげなーくリュック前に取り出して置いて
さりげなーくアピールしながら本を読みました。

正直、集会で掲げるのより緊張します。

しばらくすると4歳くらいの男の子とママが通りかかり、
次の車両に行こうとする坊やをなだめながら、
ママが私の隣に座りました。

「一人デモですか?」と声をかけられ、びっくり!うれしかった!

さっきまでお互い永田町にいたこと。
そのママは野呂美加さんと山本太郎さんへ
給食の放射能の話をしに行ったそうです。

「私も蓮田で放射能から子どもを守る会の活動しているんですよ!」と意気投合。

そのママは「深谷でこんな活動をしてるんです」と
「埼玉県市町村別給食放射能対策 2013年版」の冊子を
プレゼントしてくださいました。↓

給食放射能対策

ちょうど11月の蓮田のどけん祭りで
「3.11市民ネット深谷」「子ども未来@寄居・深谷」でまとめた
「埼玉県市町村別給食放射能対策 2013年版」を参考に
蓮田と、県内先進自治体として越谷の給食対応比較表を作成したこともあり、
ものすごいご縁を感じました。

作成した資料は手持ちのがなくて渡せなくて残念でしたが、
手書きの名刺をお渡しして、フェイスブックでつながることができました。

あー。嬉しい出会いでした。
ちょっと迷ったけれど、プラカード出してよかった!!




ちょっと話が戻りますが、
そのプラカードを出す時にですね、
むすめがプレゼントしてくれたカードも手に取ったんです。

かあちゃんがんばれ

A4サイズのプラケースには入らない大きさだったので
↓こんなふうに丸めて輪っかをはめてあるのをリュックから取り出しました。

バトン

そこで、11/29に春日部で観た
さよなら原発~渡されたバトン」のことを思い出しました。

新潟県巻町で1968年夏に原発建設の話が持ち上がり、
数十年かけた住民運動で白紙撤回させていく実話が
2012年に映画化されたものです。

最初はテーマには興味があったものの、
チラシを見ても昭和チックな感じで
正直「是非観たい!」というのではなかったのですが、
観たらとてもよかったです。

原発建設を白紙撤回させた町民運動が事実だということに、
勇気付けられました。

また、原発に期待する過疎の町民の気持ち、
お金のことになると目の色が変わる人間、
家族や町民の中で食い違う意見。。

傷ついた気持ちを回復するのはこれから、というセリフが印象に残りました。

2012年に映画化されているのに、
昭和世代の懐かしい大道具、小道具、洋服。
この時代の空気感が表現されていました。

昭和チックなのも当然ですね。私が生まれる前からの話ですから。

子どもに渡す「バトン」の意味をすごく考えさせられました。
先祖からバトンを受け継いで、子どもに渡す。

そのバトンに父母世代にはなかった
公害や農薬や原発…というものがくっついているのではないか、
子どもにどんなバトンを渡すのか、という話が出てきます。

むすめのメッセージカードがちょうどそのバトンに見えて。

バトン

「どんなバトンをかあちゃんは渡してくれるの?」と
無垢な目で問いかけられているように感じます。
責任は重大です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。