上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日19時〜20時まで、
蓮田駅東口エスカレーター付近で
日本民主青年同盟のみなさんと宣伝しました。

「最低賃金時給1500円への引き上げ」チラシを配りながら
「こんな政治に変えたい」のシール投票。



私がお話したのは
経営者の女性、会社勤めの男性2人でした。

「経営者だから難しいけど、
時給1500円に1票」
「あと税金は社会保障に使ってほしい」
「やっぱり長時間労働は大変」
「時給1500円になったらいいね」と、
時給引き上げと長時間労働の規制に
投票してくれた方が多かったです。

投票するなら
「安倍政権」?「野党共闘」?の問いでは
「安倍さんのリーダーシップで
いい方向に引っ張ってほしい」
「政権交代したけどパッとしなかったからなぁ。
でも安倍さんはダメだよね。
消去法で野党共闘」
「もちろん野党共闘!」
いろいろな意見がありました。

私ではありませんが、
中学3年男子とシール投票で話が弾んだ人も。

羽生の市議、柳沢さんもマイクを握って
宣伝して、配布チラシは41枚となりました。

シール投票にご協力いただいたみなさん、
ありがとうございました。

参加されたみなさん、お疲れさまでした!


羽生の柳沢あきら市議


時給1500円への引き上げチラシをもって

明日は朝7〜8時の木曜定例駅宣伝があります。

こちらでも別のチラシをお配りしますので
ぜひご覧くださいね!
スポンサーサイト
ネットでは高江の動画もいろいろアップされていますので
そちらも検索してぜひご覧ください。

私は肝心な携帯の充電が切れかけるという
痛恨のミスで、動画を撮れませんでした。

夫が撮った写真を記録としてアップします。



N1ゲート前での集会




「私たちは非暴力です」と書かれたガイドライン




N1ゲート裏のテント周辺




テントの中




山をおりると海が広がる
8月19~21日に家族で沖縄へ行ってきました。
今回のメインは、沖縄県北部にある東村(ひがしそん)高江(たかえ)への訪問でした。
 
「花と水とパインの村」である東村高江は人口148人。
通称「やんばる」と呼ばれる沖縄の大自然の山の中に、
沖縄防衛局によって米軍オスプレイも飛ぶヘリパッド建設が強行に進められています。

高江では2007年7月から工事現場の入口で座り込みの抗議・説得活動が続いてきました。

いま高江では、ヘリパッド建設反対を非暴力で訴える人々と、
それを排除しようとする機動隊や警察などが衝突し、
反対住民らが不当に拘束されたり、
機動隊によって負傷させられたりしています。

20日には沖縄タイムス記者も拘束され、取材さえも制限されました。
私たちの知る権利も、報道の自由も侵されています。

けれど、テレビで大きなニュースにはなっていません。

法治国家であるはずの日本で、
なぜこのような無法なことが行われるのか。
なぜ大きく取り上げられないのか。

悲しみと怒りが募ります。

私たちが高江に到着したのは昼近くでした。

N-1ゲート前には機動隊らしき人が立っており、
その向かいには20人ほどの人々がリレートークに耳を傾けていました。

周辺では東京・千葉など関東ナンバーの機動隊の車も配備されていて、
全国から機動隊が集められていることがわかりました。

(私たちが着く前に、工事車両の進入を阻止する住民らを
機動隊が不当に拘束していたことを、後で見たインターネットで知りました。)

私たちの到着が遅かったため、ゲート前での発言は
短時間しか聞くことができませんでした。

集会後は地元の方に教えられながら、N-1ゲート裏に移動しました。

N-1ゲート裏には大きなブルーシートが張られ、
寝泊りできるよう飲食料品や医薬品などが置かれていました。

暑い中・寒い中、寝泊りして抗議行動をずっと続けてこられたみなさんに、
本当に頭がさがります。

全国から「なんとかしたい」「地元に帰ってこの現実を広めたい」という人々が
集まっていることもよくわかりました。

もっともっと沖縄のことを知らなくては。

子どもがいたので、残念ながら長くはいられませんでしたが、
高江で起きていることを少しでも肌身で感じ、
自分のこととして受け止め、行動していきたいと思います。

ネットや新聞報道で見ていたN-1,N-4といったゲート名が
単なる記号ではなく
豊かな自然と、そこで非暴力の抗議を続ける人の姿とともに
まぶたに浮かびます。

短時間しかいられず、ろくにご挨拶もできずに離れてしまい
後悔ばかりが残っていますが、少しでも高江の様子をお伝えしたく
言葉足らずではありますが、ブログをアップしました。

今朝は蓮田駅東口の早朝宣伝にて
「新蓮田号外」をお配りし、
昨日の蓮田の投開票結果をご報告しました。



《蓮田での選挙区候補者の得票数》

関口まさかず 自民党 7976票
大野もとひろ 民進党 6611票
西田まこと 公明党 5051票
ーーーー
伊藤岳 日本共産党 4757票
沢田良 おおさか維新 1882票
佐々木知子 日本のこころ 1125票
小島一郎 幸福実現党 258票

《蓮田の比例代表得票数》
自民党 8877票 32.22%
民進党 6040票 21.93%
共産党 4048票 14.70%
公明党 3920票 14.23%
お維新 1786票 6.49%
日本のこころ 705票 2.56%
社民党 575票 2.09%
生活の党 565票 2.05%
新党改革 338票 1.23%


埼玉選挙区では伊藤岳候補が次点で
力及ばず惜敗しました。

しかし選挙期間中、「日本共産党支持ではなかった方」や
「党員ではない方」が
今の安倍政治を変えたいと
力を尽くしてくださったこと、
数年ぶりで話した友人が
ずっと共産党を応援してくれていたこと、
改めて幅広い方々とつながれたことは
大きな宝物となりました。

全国32ある1人区のうち
11選挙区で野党統一候補が
議席を獲得できました。
野党が11勝21敗ですね。

3年前の参議院選挙では
天王山と言われる1人区で
自民党が29勝2敗でしたから
画期的な結果ではないでしょうか。

日本共産党は東京選挙区で山添拓候補と
比例代表で5議席の合計6議席を獲得。
改選前の3議席から
倍増することができました。

みなさんのご支援、ご協力に
心から深く感謝申し上げます。

しかし、やはり改憲勢力2/3の結果は
重く受け止めています。

「安保法制=戦争法」の廃止、
憲法に基づいた政治を求めて
市民のみなさんと野党共闘を進める
新たな一歩を踏み出します。

午後は選挙結果をご報告に
地域を回りました。

手を振ってくださる方や
「夫婦で岳さんに投票したのよ」
「本当に残念だったね」
「おつかれさま」
「これからも応援します」など
あたたかいお声がけをいただきました。

くやしさも、もどかしさも
希望も、確信も、すべて抱えて
反省すべき点は振り返って反省して
これからも歩き続けます。
いよいよ明日が参議院選挙投票日。
7/10、投票に行きましょう。
自分の周りの投票率100%を目指しましょう。

投票日当日に選挙運動はできませんが、棄権防止の呼びかけはできます。

志位委員長の最後の訴えはコチラ→https://www.facebook.com/kyosanto/?fref=ts

23:59まであと少し。
大みそかのカウントダウンの気分で、とことん共産党を観て(聞いて)ます。
まじめだけどおもしろいので一度ご覧ください。

とことん共産党→youtu.be/9-cgyzL8B-0

ちなみに演説動画は日本共産党HP→http://www.jcp.or.jp/

今日までいろいろお話した中で
自民党が憲法を変えることを知らなかった方
期日前投票のシステムを知らなかった方がいました。
お伝えしきれていないことを痛感します。

「みんなが自民党を選ぶんならしょうがないじゃない。
戦争になってもしょうがないじゃない。
憲法変えられて、今回が民主的な最後の選挙になるかもね」と言っていた方とも、
お話していく中で「やはり今の政治はおかしい、変えるべき」という思いは同じでした。

ただ、残念ながら「自分が投票しても変わらない」というスタンスを
変えていただくことはできませんでした。

でも、今まで選挙に行ったことのない「あなた」が投票したら
政治は変わると、私は確信します。

今回の選挙で、「今までやったことない」人々が「初めて」各地で
ポスター掲示の依頼をし、
チラシのポスティングをし、
選挙のお願いの電話をかけ、
街頭でマイクを握って訴え、
友人・知人に選挙のお願いをしてきました。

埼玉県のみなさん、
比例代表は日本共産党、
埼玉選挙区は伊藤岳候補へのご支持を、どうかよろしくお願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。