上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/31、防災講座&施設見学を行いました。

初めに図書館で消防署員の方から防災講座のお話。

↓参加者に配布された埼玉県の『防災マニュアルブック』
防災マニュアル

我が家は割と防災意識をもって
食品をローリングストック(普段から少し多めに備蓄し、食べたら補充)したり、
寝室には倒れるような家具を配置しない、などをしていた、と思っていましたが
水とトイレの準備は足りませんでした。

水、一人1日3L(最低3日、できれば7日)必要となると、うちは4人家族なので
3L×4人×7日分=84L

2L入りペットボトル、1箱6本入りとして12Lだから
7箱も用意しなければいけない計算です。
今、我が家にあるのは1箱だけ。
あと6箱もどこに置こう。。

災害時にはご近所さんとの声掛け、協力。
高齢者、障がい者の方々など、支援が必要な方への配慮も必要です。

1時間の講座の後は桜台防災広場に移動して
「かまどベンチ」と「マンホールトイレ」の見学です。
危機管理課の職員さんが解説してくれました。

かまどベンチ↓
かまどベンチ2
ベンチのねじを開け、座る部分を外すと「かまど」として使えます。
燃料は自分で調達。

マンホールトイレ↓
マンホールトイレ
マンホールのふたを開け、目隠しの衝立などをして用をたします。
汚物が一定程度溜まったら、水を流して下水管へ流し込む構造ですが
下水管が地震などの影響で曲がったり破損していれば流せない、とのこと。

現在、根金につくっている公園にもマンホールトイレがありますが、
そちらは水で流すのではなくバキュームカーでの回収だそうです。
こちらの方が実際の災害時には安心して使えるのでは。

続いて黒浜南小学校の防災倉庫見学。

防災倉庫

市で備蓄している物だけでは全市民をカバーできません。
市は市で備蓄率を高めるのはもちろんですが、
各家庭に合った備蓄品の重要性を感じました。

最近あちこちで地震や大雨の被害が出ています。
地震があるたびに震源はどこだろうか、
原発の放射線量は変化ないだろうか、と不安になります。

参加した方からは
「いい企画だった」
「備蓄や家具の配置を見直すきっかけになった」
「家具の固定方法、L字金具を使って固定していたが
下向きに取り付けた方が効果が大きいと初めて知った」
↓(左図上部参照)
tentou

と感想をいただきました。

暑いなか準備してくださった担当課の方々、
参加してくださったみなさん、
ありがとうございました!
スポンサーサイト
告知した通り、九州地方の地震に対する救援募金活動を
蓮田駅東口にて今日の18:00から、7人で行いました。

DSCN2452 募金箱とカードを持って

DSCN2466 募金を訴える栗原議員(右側)

DSCN2461 船橋


ブログを見て、事前に託してくださった方もいました。

合計32,951円をお預かりしました。

多くの方にご協力いただき、本当にありがとうございました。

日本共産党蓮田市委員会として責任をもって
明日一番に日本共産党中央委員会災害対策本部に送金させていただきます。

一度通り過ぎてまた戻ってお金をいれてくださった女性。

小銭を笑顔で入れてくれた高校生、中学生。

「がんばってください」と励ましてくださった男性。

エスカレーターを降りてくる途中で、もうお財布を手にして
準備してくださった方々。

小雨の降る中、多くの方にご協力いただき
本当にありがとうございました。

まずは取り急ぎご報告させていただきます。
未だ強い揺れが断続的に続いていて
安否確認、家屋のさらなる倒壊や悪天候、土砂崩れ、物資の不足など
不安な夜を過ごされている方々を思うと
言葉がなかなか出てきません。

日本共産党蓮田市委員会では救援募金に取り組みます。

4月18日(月) 18:00~19:00
蓮田駅東口にて


お仕事帰りのかた、学校帰りのかた、お近くのかた、
どうかご協力をお願いいたします。

この募金は、日本共産党がお預かりし、被災地の自治体や関係機関への義援金として、
またさまざまな被災者救援活動を通じて、確実に被災者の救援にあてていきます。

日本共産党HPでも募金先の案内があります。

 【募金先】

 募金は、もよりの党都道府県・地区委員会、党議員にお届けいただくか、
下記に送金ねがいます。

◆日本共産党蓮田市議にご連絡いただく場合

船橋ゆき子:蓮田市黒浜3118-7  TEL:090-8612-7963

きしお悦子:蓮田市東6-4-15 TEL:048-769-6523

栗原いさむ:蓮田市関山3-5-19 TEL:048-769-0322



▼熊本県委員会に郵便振替で送金される場合

【口座番号】 01940―8―55836

【加入者名】 日本共産党熊本県委員会

通信欄に「地震募金」と記してください。


▼中央委員会に郵便振替で送金される場合

【口座番号】 00170―9―140321

【加入者名】 日本共産党災害募金係

通信欄に「九州地方地震募金」と記してください。


▼銀行口座から中央委員会に送金される場合

ゆうちょ銀行  店番〇一九(ゼロイチキュウ)

【口座・受取人名】 当座0140321

ニホンキョウサントウサイガイボキンガカリ

送金と同時に、bokin@jcp.or.jpに、
「九州地方地震募金」、氏名、住所、
職業、金額を明記したメールを送信してください。


※郵便振替・銀行送金とも、手数料はご負担をお願いします。




党国会議員団は政府に以下の申し入れも行いました。

九州地方地震に関する緊急申し入れ

2016年4月16日

日本共産党国会議員団


一、熊本県、大分県を中心とした九州地方地震は被害が広域に及んでおり、
多数の死者、負傷者が生まれている。
大規模な地震も続き、多くの人たちが屋外などに避難されている。

政府として、関係自治体とよく連携して、救命・救援に万全の措置をとること、
被災者への支援、二次災害や被害の拡大防止に全力を集中することを求める。

日本共産党も、救命・救援に全力をつくすとともに、必要な情報提供を行っていく。



二、この状況下で川内原発が稼働を続けていることに、
多くの不安の声が寄せられている。

震源域が九州横断的に拡大しており、この地震が今後どのように広がるかは
予測がつかない。
新幹線や高速道路が不通であり、万が一事故が起きた場合に、
避難に重大な支障が生まれることは明らかである。
電力需要からみても、川内原発を動かし続ける必要はない。

以上の理由から、日本共産党は、不測の事態に備えて、
川内原発をただちに停止することを求める。

少なくとも、稼働継続ありきでなく、稼働継続の是非について、
政府として英知を結集して真剣な検討を行い、国民・住民の不安にこたえるべきである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。