上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・「従軍慰安婦」問題を学ぶ
 吉川春子さん(元参議院議員)講演会

・日時:7/12(土)10:00~12:00

・場所:蓮田市図書館 2階 視聴覚室

・費用:無料

・主催:新日本婦人の会 蓮田支部

※新婦人会員さん以外のご参加、もちろん男性も大歓迎です!


「従軍慰安婦」のこと、戦争のこと、
海外で戦争できる国、殺し殺される未来が間近に迫っている危機感をもつ今、
ご一緒に学びませんか?

集団的自衛権(集団的戦争権)が認められても、
私たち世代や、子どもたちが戦争に行くようにはならないと思いますか?

私は「決まってからでは遅い」と切羽詰まった思いでいます。




先日の6/16(月)18~19時まで、
日本共産党で蓮田駅前緊急署名集めをしました。

”「海外で戦争できる国」にする集団的自衛権の行使容認に反対します。”

集団的自衛権署名

チラシを受け取ってくれた、ピアスをたくさんつけた20代のお兄さんは
「署名の文章を読んでもいいですか?」と言って、
最後まで読み、納得してから署名してくれました。

「今の時代、戦争なんてナンセンスだと思うんですよね。がんばってください。」と
励ましてくれました。力が湧きます!

茶髪の10~20代のお兄さんは
「俺ら戦争に行くの?やばいじゃん!」と署名してくれました。

中学生男子たちに「集団的自衛権って知ってる?」と話しかけると
「知らない。家でも話に出ない。」との返事。

チラシを渡しながら「私たちやあなたたちが戦争に行くことになるかもしれない。」
「なんとかしてその流れを止めたいから署名を集めていて、衆参両議院の議長に提出するの。」
「チラシをお家の人にも渡して読んでもらいたい。」というようなことを話しました。

残念ながら署名までには至りませんでしたが、
話をまじめな顔で聞いてくれた男の子たちの心に何かが残りますように…と
祈るような気持ちで別れました。

フェイスブックで署名集めを知った友人は「駅には行けないけれど、署名したい」と連絡をくれて
わざわざうちに来てくれました。

なんとかしたい…と焦りながら、
同じ思いをもつ友人、知人とつながって力をもらいながら、
ジタバタしています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。