上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【私からの質問】8/8

病院局小児医療センター建設課 御中

初めまして。
蓮田市に住む船橋と申します。

昨日、岩槻支援学校で行われた説明会に参加しました。

時間の関係で質問できませんでしたので、
メールにて質問とお願いをさせていただきます。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答お待ちしています。

【地元説明会の周知について】

8/7の説明会は岩槻区と蓮田市の自治会長宛てに
説明会の開催文書が届けられたようですが、
これでは区民、市民は開催情報の入手が難しく、
説明を聞く場も意見を言える場もなくなってしまいます。

県のHPでも「地元説明会」の項目は平成24年6月10日開催以降、更新がありません。

今回のような自治会長向けに開催されるような形の説明会に
一地元民として参加していいのか
少々不安になりながらの出席でした。

そこでお願いです。

昨日の質疑応答内でも
「自治会長でなくとも出席していいんですよね?」の質問に
「自治会長でなくとも出席可」との返答がありましたように、
事前に広く市民、区民に情報提供をして説明会の開催を周知してください。

せめて告知を市の広報誌に載せてください。
時間的余裕をもって広報してください。

昨日「次回は10月か11月になると思う」という発言が県からありましたので
次回以降の改善を望みます。

【地域医療について】

「小児医療センターは全県対象の3次医療機関。
初期、2次救急については地域医療で、自治体が態勢を整備する。
整備できない自治体には県として働きかけていく。」という県からの発言がありました。
(内容が間違っていたらご指摘ください。)

県として自治体に働きかけていく、具体的な内容を教えてください。

【移転について】

平行線と思われるかもしれませんが、
全機能を残してほしい、の一言に尽きます。

ご存じかとは思いますが、
私も実際に自分で署名集めをして
患者さんとご家族の方が命にかかわる問題に直面していること、
本当に多くの蓮田市民が、近隣市町村が、存続を切望していること、
痛切に感じました。

建設当時の県職員と地元職員と地元住民の熱意と、あの場所に建てる意義。
高層階でしかも渋滞してたどりつくのが困難になる新都心ではなく
田園風景が広がる広い敷地の低層階の現在地を残してください。

病院が建てられる際、
東部北地区の小児医療充実のために土地を提供してくださった方々の思い。
跡地活用のための土地売却や貸付で切り売りしないでください。

前面に出て説明している県職員の方は、
県の方針に従ったお話しかできないのだろうと思います。

だからこそ決定権を持つ上田知事に実際、
説明会や署名提出の場に出てきてほしいです。
知事は出席できないのですか?

以上3点、
ご回答お待ちしていますので、よろしくお願いいたします。


蓮田市・船橋由貴子




【県からの回答】8/14

 船橋 様

 ご質問をお寄せいただきありがとうございます。
 また、暑い中、8月6日の報告会にご参加いただきありがとうございました。

 1点目のご質問についてお答えいたします。 
 8月6日の報告会は、広く小児医療センターの移転・整備について
ご意見を頂戴するのではなく、現在地の機能という限られた範囲についてのご報告でした。
このため、自治会長様向けの報告会とさせていただきましたが、
それ以外の方の参加を制限するものではございません。
 広く市民、区民に情報提供するための資料回覧や広報等の方法につきましては、
関係市とも相談させていただきます。

 2点目のご質問についてです。
 小児の初期救急医療体制については、市町村の責務として整備を行うことと
なっておりますが、蓮田市、白岡市など一部市町村では平日夜間の体制が整備されていません。
このため、県では、市町村に対して整備の必要性を説明したり、
市町村の求めに応じて、地元医師会との調整などの働きかけや支援を行います。
 また、小児の二次救急医療体制については、県が二次救急医療圏ごとに
整備を行うことになっています。
 船橋様がお住まいの蓮田市は、東部北救急医療圏に属しており、
土屋小児病院(久喜市)と済生会栗橋病院が輪番制(曜日による当番制)により、
24時間365日体制で二次救急医療を提供しております。

 3点目のご質問についてです。
 小児医療センターの移転・整備は、
大人の総合病院であるさいたま赤十字病院と連携し、
ハイリスク妊産婦の救命や重症新生児にも対応できる
総合周産期医療や小児救命救急医療の充実のためのものです。
 このため、小児医療センターの全ての機能をさいたま新都心へ
移転する必要があることに御理解賜りたいと思います。
 その上で、8月6日に説明させていただいたとおり、移転により
通院が難しくなる患者さんのために、どのような現在地の機能とするか
検討しているところです。
 なお、患者御家族をはじめとした皆様のご意見につきましては、
適宜、知事にも報告をしております。

 今後とも皆様のご意見をお伺いしながら、
現在地の機能がより良いものとなるよう最善を尽くしてまいります。

                             埼玉県病院局小児医療センター建設課
                                                     
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。