先週の10月7日から9日の2泊3日で
民生文教委員会(委員7人+事務局2人)で行政視察に行ってきました。

視察地は滋賀県守山市、
大阪府高槻市、奈良県大和郡山市の3か所です。

201510視察概要 視察概要

【守谷市】

守山市 蓮田市との事項別比較

在宅医療・介護の取組みについてお話を伺いました。

特にいいなと思ったのが、訪問看護サービス費用の助成。
(今年度予算が1200万円)

モデル事業として
訪問看護師をまずは気軽に利用してもらうように
月額1万円を上限に助成金を支給したそうです。
 ※実際の1か月平均利用額は4,665円だったそうです。

(利用実績はH25度が18人、H26度が59人、H27度は9月現在で50人)
(期間はH25度が3か月、H26度が3か月、H27度は2か月)

経済的な負担を考慮せず、訪問看護を利用する機会になり、
実際に利用することで具体的なサービスの理解につながった、とのこと。
また、本人や家族の不安が軽減でき、訪問看護のイメージがアップ。

助成終了後も訪問看護サービスを利用していくことにつながった。

アンケート調査結果(抜粋)
・金銭面の問題が多いため費用の支援は重要
・実際に使わないと訪問看護の良さがわからないことがある
・PRの必要性
・サービス提供者としても、助成があるとサービス回数を増やすなどの
 提案できる機会が増えた
・在宅医療の継続、在宅看取りを進めるためには訪問看護が必要不可欠なサービス

在宅医療を進める上で、金銭的な不安なく
まずはサービスを利用できるしくみがいいですね。




おまけ

守山市のマンホール蓋
守山市マンホール
スポンサーサイト