上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.21 父への手紙
お父さんへ

10月12日の夕方にKから
「お父さん、山形の旅行先の温泉で倒れたって。
お母さんとYおばちゃんが向かってるけど、詳細わからない」って
電話もらって、なんだもなくびーっくりしたよ。

また糖尿病の低血糖起こしたんでないかや、
お母さんに「また!」っておごられんでないがやって
そっちの方が心配だったよ。

んでも「詳細はわからない」っておかしいんでないかやって。
考えたくないけど最悪亡くなってるのかもって、ちらっどは思った。
思ったけど、まさかほんとになっどは思わねかっだー。

次にKから「亡くなったって」って電話があったけど
信じらんねくて、声出なかったもんねぇ。

んだって、つい5日前に電話で話して
元気にグランドゴルフ楽しくて遊んでるって、言ってたんだおん。
ぜんぜん具合悪いなんてなかったのに。

次の日、仙台に帰ってお父さんの顔見たら
気持ちよさそうに寝てるみたいで、ちょっとほっとしたよぉ。
温泉に入って気持ちよさそうな満足そうな顔でさ。
あー、苦しまないでなんだかわがんねうちにあっちに行ってまったんだべなーって。
それだけが救いだったよ。

老人会の旅行先で、みなさんにはご迷惑をお掛けしてしまったけれど
お父さんは楽しくてばりいて、ふいっとあっちに行って、苦しくはながったよね。
疲れがたまっでで、寒い中散歩した後の熱い温泉で
急性心筋梗塞起こしだっていうけど、温泉気持ちいがったんだよね。
あの顔見だらわかるおん。いがったね。

お父さんの大好きな孫ちゃんたちの成長、
卒業式や入学式や運動会とか、楽しみにしてだの見らんねかったのだけが
本当に残念だと思うけど、あっちから見守ってでけさいね。

孫ちゃんたちは千羽鶴折って、メッセージ書いて、ずんだ大福買って、
棺さ入れて、孫ちゃんたちなりにお別れしてけだからね。
うちら子どもたちど、孫たちど、
惜しみない愛情を注いでけで、ほんとにありがとうございました。
生意気なこと言っだりして、すみませんでした。

近所の人に聞いたら
仙台の日本共産党K後援会のスタンディングに旗もって参加したり、
デモで横断幕持ってだりしてたんだってね。
私が選挙に出るって言っだあとに
「共産党は他の政党とは違うんだな」って
党のこと理解してもらえてうれしかったよ。
うれしかったよって伝えられねままにお別れ迎えてしまってごめんなさい。
「蓮田市民のみなさんのためにがんばらい」って励ましてけだったね。

72歳の突然のお別れはなんだもなくびっくりだっだけど、
明るいのが好きなお父さんだから、私も元気でいねけね。
まだなんだか実感わかないけど。
お母さんともしょっちゅう連絡とるようにするよ。

んでもねぇ、不思議なんだよ。
Kが1か月前頃からお父さんの他愛もない夢見でたとか、
Tさんがお父さんの亡くなる前日に夢見だとか、
普段贈り物しない私が、初めてお父さんのために買ったCDが
亡くなった日の午後に仙台に着いたとか、
なんだか符合する不思議なことがいろいろあっで、
お母さんとKと数えでみだら、22個もあっだよ。
よその人が見だら特別不思議じゃないこともあるかもしれねけど
「サプライズ」と「ハプニング」が好きだったお父さんらしいっちゃね。

今までほんとうにありがとうございました。
うちらの成長、見守ってでけさいね。

ゆきこより
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。