みなさん、お疲れさまです。

ヴィップ埼玉は、7月には大宮で、8月には川越で、
戦争法案に反対するデモをやってきました。

本当にたくさんの方々が、駆けつけてくれて、
飛び入りで参加してくれたり、手を振ってくれたり、
行動の中で、私たちのほうが励まされ、
もっと頑張ろうという気持ちになりました。

私は先月、原水爆禁止世界大会で広島に行きました。
そこに残っていた戦争の傷跡からは、
命の大切さをあらためて考えるキッカケをもらいました。

簡単には語れない戦争の痛みと、命や平和の重さを思い知りました。

私たちの先輩たちは、戦争の痛みを知るからこそ、
二度と戦争は繰り返さないと誓ったはずです。

私は、戦争を直接経験していませんが、
いま国会で審議されている戦争法案は、
罪の無い沢山の人の命を犠牲にする法案だと思えてなりません。

政府はこれを、戦争の抑止力と言いますが、
こんなものは絶対に抑止力にはなりません。

政府が中国を脅威と見ていないのなら、
この戦争法案の必要性はすでに無いのではないでしょうか?

今度、ヴィップ埼玉は、
安保関連法案に反対するママの会・埼玉のみなさんとコラボして、
浦和でデモを行います。

9/12㈯17時から浦和駅西口です。

採決の予定が14日にずれたので、
本当に直前のタイミングで行動することになりました。

ますます、自分たちが広く連帯して行動していく意味を、強く感じています。

お時間ある方は、ぜひ参加してください。

この戦争法案を何としても成立させようとしている政府の計画は、
私たちの追い込みで崩れてきています。

平和を願う想いを、声という国民が持つ力に乗せて、さらに頑張っていきましょう。


VIP埼玉 高校生 紀田真求(キダモトム)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pikoponko.blog.fc2.com/tb.php/291-0e000f93