FC2ブログ
ご報告が遅くなってしまいましたが
11/19に日本共産党議員団と党蓮田市委員会として
2016年度の蓮田市予算に関して要望書を提出し、市長と懇談しました。

毎年要望書を提出していますが、
今回ももちろん内容は見直して精査しています。

まだ足りない部分もあるかもしれませんが
ご要望等お知らせいただけましたら幸いです。




蓮田市長 中野 和信 様

2016年度
蓮田市予算編成に関する要望書

           2015年11月19日 

     日本共産党蓮田市委員会 

     日本共産党蓮田市議員団 


はじめに

 2016年度、蓮田市の予算編成にあたり、市民の声・要望を取りまとめた
要望書を提出いたします。

安倍政権による「戦争法(安保法制)」は日本を戦争する国にするものであり、
憲法違反であることは明白です。

また、「アベノミクス」の経済政策の結果、大企業の利益はほとんどが溜め込みに回って、
賃金にも設備投資にも回らず、破たんは明らかです。

2014年4月からの消費税8%により消費が低迷し、消費税増税が暮らしと経済を破壊しています。

さらに、今安倍政権が新たに「新3本の矢」として「子育て」「介護」を打ち出しましたが、
「規制緩和による企業主体の多様な保育サービス」や「介護ロボット」をつくる「企業の育成支援」でしかなく、
保育の現場や介護職員への支援を抜本的に強めずして、子どもたちや高齢者の安心にはつながりません。

なにより、その具体策として、早期の大幅な法人税減税を掲げ、財源は消費税増税に求め、
大企業に大幅減税、国民に負担増をもたらします。

こうした国の悪政の下で、市民には大きな負担が強いられ、暮らしは大変厳しくなり、
また法人税減税による市税への影響も懸念されます。

日本共産党蓮田市委員会は、4月の市議会議員選挙で市民の要求実現のため
次の5項目を公約に掲げました。

(1) 国民健康保険税を一人年額1万円引き下げること。
(2) エアコンをすべての小中学校の普通教室にすみやかに設置すること。
(3)信号機、横断歩道、カーブミラー設置など交通安全対策をすすめること。
(4)高齢化社会をみすえた市内公共交通の整備・充実をはかること。
(5)保育園・学童保育所の待機児童の解消をはかること。

特に、来年度については「国民健康保険税の1人年額1万円の引き下げ」
「普通教室にエアコンの設置」の予算化を強く求めるものです。

憲法で地方自治が明確に位置付けられています。
蓮田市として、市民を守る立場から政府に対して必要な発言を行い、
住民の命と暮らしを守る自治体の役割を果たし、住民福祉増進の施策推進を強く求めます。

十分ご検討の上、実現のために努力されるよう要望いたします。




要望項目は次に続きます。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pikoponko.blog.fc2.com/tb.php/304-07830f86